So-net無料ブログ作成
検索選択

税金を食い荒す舛添要一 地に堕ちた東京都 [政治・行政]


5月17日に東京都の舛添要一知事は、平成24年8月に支出した栃木県日光市のホテル宿泊費など、自らの政治資金をめぐる新たな私的流用疑惑について、「精査してきちっと説明したい」と述べ、20日の定例会見で改めて説明すると視察先の福島県で報道陣の取材に応じた。

自民党の谷垣禎一幹事長ら与党幹部から「猛省が必要だ」などと批判が出ていることに対しては「真摯(しんし)に反省しなければならない。極めて重く厳しく受け止めて対応したい」と述べた。

舛添氏は「多くの都民から厳しい批判を頂いていることも十分認識している」とした上で、「さまざまな批判に対して、真摯に反省した。これからしっかり都民の皆さんの信頼を回復していきたい。新たな懸念についてもしっかりと説明できるように努力したい」と、これだけの税金を私的に使い込んでいる事実がバレたにも関わらず、辞任はしないと表明した。


スポンサーリンク





2020年東京五輪は「復興五輪」とも位置付けられるが、舛添氏は就任後、東北地方の被災地を訪れておらず、都議会などから疑問の声が出ていた為、舛添氏はこの日、知事就任以降、初めて福島県を公式訪問し、いわき市のトマト工場などを視察し、内堀雅雄知事と会談した。



ヤモリの気まぐれ情報局



スポンサーリンク





スポンサーリンク







スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。