So-net無料ブログ作成

矛盾だらけのNGOピースボート!「自衛隊反対!」掲げながら「自衛隊よ我々を守って!」 [国内]

2016.05.18

自称左翼の典型である。

「最後は必ず助けて貰える」この安心感(政府・自衛隊への信頼)こそが日本の学生運動を支える大きな力となっているようだ。

海賊対処のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛していたことが17日、分かった。

ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張との矛盾に批判も出ている。

海自の護衛艦「ゆうぎり」は今月3~4日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行するピースボートの船旅の旅客船を護衛。

船旅の企画・実施会社が国交省を通じて海自に護衛依頼をしたとみられ、ピースボート側は「コメントする立場にない」としている。

ただ、ピースボートは海自派遣に反対の立場なだけに「『危ないときは守って!』というのはムシがいい」(自民党国防族)との指摘も出ている。

ピースボートは民進党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。

船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。


スポンサーリンク





「自衛隊反対!」を掲げながら「自衛隊よ我々を守って!」とは都合が良すぎる。

これは、日本の自称左翼に多く見られる甘えでもある。

親に養って貰いながら親の文句を言う。
政府に守って貰いながら政府の足を引っ張る。

まさに同じ構図である。

社会や議会を混乱させても最後は政府が尻拭いをしてくれる。己らは法的に罰せられることも無い。

だからこそ、自称左翼の活動は楽しくて辞められないのだろう。



ヤモリの気まぐれ情報局



スポンサーリンク





スポンサーリンク







スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。