So-net無料ブログ作成
検索選択

【民進党】大分県警お粗末・・テロリスト追跡も監視カメラ奪われる【社民党】 [国内]

2016年7月10日に投開票された参院選大分選挙区で当選した民進党現職らの支援団体が入居する大分県別府市の建物の敷地内に、大分県警別府署員が選挙期間中、隠し監視カメラを設置し、人の出入りなどを録画していたことが、8月3日に判明した。

県警や関係者によると、隠し監視カメラが設置されていたのは、別府市南荘園町の別府地区労働福祉会館で、連合大分の東部地域協議会や別府地区平和運動センターなどが入居している。

参院選の際には大分選挙区で立候補した民進党現職の足立信也氏(59)や、比例代表に出馬した社民党の吉田忠智党首(60)の支援拠点になっていた。

カメラは参院選公示前の6月18日深夜から敷地内に2台設置され、同会館の玄関と駐車場の出入りを録画していたとみられる。



公示翌日の同23日、敷地内で草刈りをしていた別の施設の職員が発見した。1台は敷地内の斜面に、もう1台は木の幹にくくりつけられていたという。

連合側が警察カメラの内蔵SDカードを無許可で確認したところ、別府署員がカメラを設置する様子も映っていたため、同会館の関係者が同署に連絡。

同24日にカメラを撤去させたという。

県警によると、カメラを仕掛けたのは別府署刑事課の署員2人。同署が設置を決め、場所は同課で判断したという。設置した署員は「雑草地だったので、(同会館の)管理地だとは思わなかった」と話したという。

県警は「個別の事案について、特定の人物の動向を把握するためにカメラを設置した。対象者が誰かは言えない。不特定多数を対象にしていたわけではない」と説明し、テロリストを追っていた事を示唆している。

今回を含め、捜査上のカメラの設置は警察署の判断でできるため、問題とはならない。

大分県内の野党関係者は「無許可で監視カメラを設置するなど言語道断で、許されない。選挙活動への不当な介入だ」と強気の姿勢を見せている。

大分県警の小代義之刑事部長は3日、「捜査活動の一環としてカメラを設置したが、他人の管理する敷地内に無断で立ち入ったのは不適切な行為であり、関係者におわび申し上げます。今後は適切な捜査について指導を徹底します」とのコメントを発表している。

参院選大分選挙区では、民進、共産、社民の野党3党が支援した足立氏が、1090票差という大接戦の末に自民党の新人候補を振り切って3選。吉田党首は比例で落選。

雑草地に仕掛けたカメラが奪われるお粗末さを見せた大分県警。

警察にはもっとしっかりテロリストの監視をお願いしたいものだ。




ヤモリの気まぐれ情報局




スポンサーリンク













nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。