So-net無料ブログ作成

三菱航空「MRJ」納入延期報道を否定 [国内]

2016.10.03

ようやくここまで辿り着いた。

相次ぐ納入延期をなんとか乗り越え、ようやくアメリカへのフェリーフライトまで辿り着いた国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」

あとは試験場で飛行を重ね、型式証明を取るだけとなっている。

しかし、ここで思わぬ報道が飛び込んできたのだ。

日本経済新聞が10月1日に、三菱航空機が「MRJの納入を延期し、2019年以降にずれ込む可能性がある」と報じたのだ。

これが朝日新聞や毎日新聞であれば「憎き日本」「憎き三菱」という報道姿勢から「また、ねつ造報道だろう」と流される内容だが、日本経済新聞が報じている為に信用度は高い。




続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【民進党】大分県警お粗末・・テロリスト追跡も監視カメラ奪われる【社民党】 [国内]

2016.08.03

2016年7月10日に投開票された参院選大分選挙区で当選した民進党現職らの支援団体が入居する大分県別府市の建物の敷地内に、大分県警別府署員が選挙期間中、隠し監視カメラを設置し、人の出入りなどを録画していたことが、8月3日に判明した。

県警や関係者によると、隠し監視カメラが設置されていたのは、別府市南荘園町の別府地区労働福祉会館で、連合大分の東部地域協議会や別府地区平和運動センターなどが入居している。

参院選の際には大分選挙区で立候補した民進党現職の足立信也氏(59)や、比例代表に出馬した社民党の吉田忠智党首(60)の支援拠点になっていた。

カメラは参院選公示前の6月18日深夜から敷地内に2台設置され、同会館の玄関と駐車場の出入りを録画していたとみられる。


続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

矛盾だらけのNGOピースボート!「自衛隊反対!」掲げながら「自衛隊よ我々を守って!」 [国内]

2016.05.18

自称左翼の典型である。

「最後は必ず助けて貰える」この安心感(政府・自衛隊への信頼)こそが日本の学生運動を支える大きな力となっているようだ。

海賊対処のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛していたことが17日、分かった。

ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張との矛盾に批判も出ている。

海自の護衛艦「ゆうぎり」は今月3~4日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行するピースボートの船旅の旅客船を護衛。

船旅の企画・実施会社が国交省を通じて海自に護衛依頼をしたとみられ、ピースボート側は「コメントする立場にない」としている。

ただ、ピースボートは海自派遣に反対の立場なだけに「『危ないときは守って!』というのはムシがいい」(自民党国防族)との指摘も出ている。

ピースボートは民進党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。

船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

悪意の〝商標登録“増加! 日本人の「清く 正しく 美しく」はどこへ? [国内]

2016.05.18

特許庁は、悪意ある商標出願の被害者に向けて、商標登録を諦めないよう、呼びかけるメッセージを5月17日に発表した。

「ほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願」で、一定期間後に出願が却下されているという。

商標登録をめぐっては、名称が決まる前に「民進党」の名前が、大阪府の企業によって先に商標出願されるなど、第三者が名称を先取りして出願する例がたびたび話題になっていた。

しかし、特許庁によると、これらのほとんどは手続き上問題があり、仮に手続きが適正だったとしても、その後の審査ではねられてしまうという。

特許庁は、「同様の出願の例は、しばらく前から多数報告されていました。具体的な事例は申し上げられませんが、実際に商標登録を断念したという事例があったり、問い合わせが寄せられたりすることがありました。商標出願の仕組みを知らない方も多いと思うので、特に中小企業や個人の方に向けて、呼びかけをすることにしました」


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【朗報】復帰!いっこく堂 くも膜下出血から回復! [国内]

2016.04.17

ようやく回復したようだ。

4月16日に、外傷性くも膜下出血で3月22日から東京都内の病院に入院し、同25日に退院していた、いっこく堂(腹話術師)が、東京・日野市のひの煉瓦ホールで単独公演を開催し、仕事に本格復帰した。

舞台上では「日野市でライブをやるのが夢でした」と元気いっぱいにあいさつした。

とぼけたおじさんの「カルロスセニョール」、謎の老人「師匠」の人形などで腹話術を披露した。

口の動きから遅れて声を出す鉄板ネタ「昔の衛星放送」などで約1000人の爆笑を誘っていた。

いっこく堂は今月10日に企業向けのイベントでネタを披露したが、一般客向けのステージは退院後初めてだった。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ブックオフ・・・まさかの赤字転落!先行投資が重荷に! 「中古家電」の先行投資でつまづく [国内]

2016.04.04

ブックオフコーポレーションが初の赤字になった。

中古本販売チェーンという新業態を日本に定着させるなど、一世を風靡した古本屋の雄だ。

ここまで好調を続けていたにも関わらず、2016年3月期に営業利益で1.5億円の赤字に陥ることになったのだ。営業赤字となるのは、2004年の上場以来、初めてのことだ

ブックオフは、主力商材である中古本の市場が縮小を続ける中、「本」のブックオフから「何でもリユース」のブックオフへと転換する移行期にある。

期初計画では、中古家電買い取りのためのパートやアルバイトなど人員増強、業態転換の認知度向上のためのテレビCMといった先行投資を計画し着実に実行している。

営業利益は2015年3月期の11.2億円から今期は5億円に減少すると見込んでいた。が、収益の悪化度合いは、予想を超える額となってしまった。

売り上げ自体は健闘している。

主力の中古本やソフトメディアは、商品別の需給バランスを反映した値付けの導入や、「ヤフオク!」への出品効果で好調。期初計画の750億円を20億円上回る770億円となる見込みだ。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【株式会社突風】西川貴教(T.M.Revolution)が社長に就任!? エイプリルフール? [国内]

2016.04.01

本日は4月1日(エイプリルフール)なのだが、これは本当なのだろうか?

T.M.Revolutionこと西川貴教氏が、株式会社突風の社長に就任した事が判明した。

今年5月にデビュー20周年を迎える西川貴教氏。

これを記念して、デビュー20周年関連事業を企画・運営する「株式会社突風」を設立、同社の社長に就任したという事だ。

4月1日(金)に法務局にて登記を行い、日経産業新聞に「会社設立のお知らせ」を掲載。
4月6日(水)には西川社長による事業説明会を開催予定で、社員も募集するとの情報も。

同社のホームページにて、西川社長の挨拶や動画も公開されている。

株式会社突風http://www.toppu.jp/#company_info


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【ソニー】PlayStation4.5 開発中の噂 VRの発売前に発表か!? [国内]


かねてから海外で噂が絶えないPlayStation 4のアップグレード版(PlayStation 4.5やPlayStation 4Kと呼ばれている)について、Wall Street Journal(ウォールストリートジャーナル)が新たに関係者からの情報として、新型PlayStation 4.5はPlayStation VRの発売前に発表されるのではないかと報じている。

PlayStation VR(バーチャル・リアリティ・ヘッド マウント ディスプレイ)は2016年10月に発売予定とされている。

Wall Street Journalの報道によれば、アップグレード版PlayStation 4はバーチャルリアリティを含めハイエンドのゲームの体験を実現する為に開発されているという。

超高精細解像度のグラフィックス処理を可能にするとともに、PlayStation VRにより多くのパワーを提供できるハイエンドモデル。

拡張されたグラフィックスとパワーを最大限に利用したいユーザー達は、新しいモデル(PlayStation 4.5)を購入する必要があるが、現行モデルのPlayStation 4の生産は継続され、ソフトウェアカタログも共有する予定だとされている。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

さらば安売り!100円セール終了のお知らせ!客離れ必至か!?ミスタードーナッツ [国内]


ミスタードーナッツが賭けに出た。

ミスタードーナツを運営するダスキンは、2020年までに全国約1300店舗のうち1000店舗を改装する予定だという。

新店舗では主力製品を値下げする一方、既存店舗で人気の『100円セール』や『グッズキャンペーン』は取り扱わない。

すでに、甲子園前をはじめとする12店舗がリニューアルオープンしており、これらの店舗で検証のもと、全国に広げていく計画だという。

ダスキン広報によると「住宅街では、広いスペースをとったカフェスタイルにしていく予定です。”ミスタードーナツ”のブランドを活かしたいので、100円セールやおまけなどの付加価値はつけないで勝負したいと考えています」と答えている。

改装された店舗はカフェを思わせるような洗練された空間と、”手作り感”を伝えるためのオープンキッチンを採用した。

新タイプの店舗では、100円セールやキャンペーンは実施しないものの、主力製品を値下げして販売している。


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【シャープ】やはり鴻海に騙された!7千億円買収が一転2千億円台へ!これが中国商法! [国内]


経営再建中のシャープを買収する交渉を進めている台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業が、当初予定で7000億円超としながらも産業革新機構との競り合いに勝利した事により、4890億円まで出資額を引き下げてきた。

さらに2000億円減額し、2890億円まで引き下げた上で買収するとシャープに打診していることを複数のメディアが報じた。

鴻海の出資額は官民ファンドの産業革新機構が提示していた3000億円(銀行融資を含め1兆円規模)を大幅に下回ることになる。

シャープは近日中に臨時取締役会を開き、減額についての受け入れ可否を判断する。

シャープは交渉の大幅な見直しを迫られることになった。

当初、鴻海が求める減額幅は500億~1千億円程度とみられていたが、さらに拡大した。

減額する場合は普通株で1株118円とした買い取り価格の引き下げを検討。

鴻海が議決権の過半を握り、買収する枠組みは維持するとみられる。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。